初めての株を購入

インデックス投資が初心者向き

株を始めようとする初心者にとって、何時何処に投資すればよいか、判断に迷うことが一番の課題である。 初心者には、比較的投資金額が少なくても参入出来、リスク分散等によるある程度の安全性の高いものが望まれる。 単独株で分散投資をするとなると、少なくとも100万位の投資資金が必要となり、初心者には、株の投資先選定の悩みもそれだけ増えてくる。 株のインデックス投資が初心者向きであることの理由は、専門化がある纏まった数の有望株を選定しファンドに組み入れ、口数単位で購入出来るところにある。 日本株のインデックス投資の代表格の一つであるJPK400は、一口1万から2万円の範囲内で購入出来るので比較的参入し易い。他にも証券会社に問い合わせれば紹介してくれるので参考にすると良いと思う。

日々の株の値動きに惑わされない為に

株価は、長い歴史の中で変動の繰り返しをしながら、長期的には、貨幣価値のインフレ等に伴う上昇傾向にあると言うのが一般的な傾向である。 リーマンショック等の激動期急落することがあっても、経済力が有る国の株価は何れ回復軌道に乗り、上昇して行くものである。 日々の株価の変動が激しいのは、デイトレードと言って、日々の値動きから短期的な利益を得ようとする人達が多くいるからである。日々の細かな動きは、どの様な専門家であろうと確実に把握することは困難であり、投資と言うより投機的な面が強い。初心者は決して参入してはならない分野である。 初心者は、日々の変動に惑わされること無く、じっくり腰を据え、長期的な視野を持って取り組むことが肝心である。

ページのトップへ戻る